ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2010年の夏、総集編。

たいへんご無沙汰しています。
秋風の到来とともに、ひっそり再開させていただきました。

それにしても、2010年の呪われた夏。
生き残ったのが不思議なくらいです。笑

この3か月、チェリーおよびチェリー家が
なにをしていたかというと、
とくに、なんにもしていません。www
毎度のことながら、夏は恒例の?早朝散歩が日課です。
6時に起きて、陽が昇らないうちに、散歩を済ませる。
そして、シャワーを浴びて、出勤。
というのが、父の毎日。
昼間は、涼を求めて、開放的なムスメです。
d0087091_10583684.jpg


さて、そんな酷暑の中、チェリーは5歳になりました。
d0087091_10393416.jpg

大好きなチェリー兄に抱っこされて、
ちっちゃなケーキと、大好物のキュウリでお祝いです。
d0087091_10415723.jpg

この1年、病気もせずに、健康に過ごせたことに感謝。
そして、こうして、家族がチェリーの誕生日を祝うことが
できる幸せ。
とにかく、チェリーは、我が家の守り神みたいな存在だ。
そんな事実をあらためてかみしめた夜。

7月、8月となんだかんだと忙しかった父は、
9月のあたまに遅い夏休みを取り、
札幌に帰省してきました。
これで殺人的な暑さを逃れられると
喜んだのもつかの間、
札幌も、いつになくあつかった~。
今回は、札幌の奥座敷、定山渓温泉に出かけました。
小学生の時に行って以来だから、
かれこれ40年ぶりぐらい。
泊ったのは、「ぬくもりの宿 ふる川」。
定山渓は、この十数年、すっかり斜陽化していたようだけど、
最近、この「ふる川」ががんばって、客足が戻って
きているとのこと。
温泉ホテル、オーベルジュ、そして民宿の良さを
足して3で割ったみたいな、いい施設でした。
とくに、料理が個性的で、おすすめです。
d0087091_11193045.jpg

d0087091_11195594.jpg

ヨーロッパの山小屋のような食事室。
絵本や詩集などが本棚にたくさんあって、
夜もゆったりできるんです。

出発の朝、宿の近くの渓流を散歩。
紅葉にはまだまだ早いけど、
そこはかとなく、吹く風は秋の気配です。
d0087091_11241366.jpg
d0087091_11243473.jpg

「あ、あのつり橋に行っちゃおうー」
気分はすっかり、ちい散歩。
d0087091_11263880.jpg

d0087091_11271825.jpg

そういえば、子供の頃はよく、こんなところで川遊びをしたなー。

ところで、ここ定山渓は、知る人ぞ知る、かっぱ伝説の地。
まず、散策コースの入り口では、かっぱ大王がお出迎え。
d0087091_1132152.jpg

河原におりてみると。
d0087091_11324187.jpg

「この子は誰?誰なの?」
d0087091_11332722.jpg

なんと、ちいさな背中に甲羅を乗せた、ちびかっぱでした!

とまあ、こんなふうに短い休日を楽しんだ父なのでした。

早いもので、来週末は、もう10月。
そして、あっという間に、年末年始です。
涼しくなったので、ぼちぼち、近況などをアップデート
していきたいと思います。
よろしかったら、時々、遊びに来てくださいね。
d0087091_11441143.jpg

[PR]
by cherrrrrrry | 2010-09-26 11:47