ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出待ち犬。

リビングから廊下のほうを向いて
じっと何かを待っている「出待ち犬」。
d0087091_22114261.jpg

大好きなチェリー兄が起きて
くるのを待っているんです。

以前も書きましたが、
チェリーはとにかく兄が大好き。
言うことはなんでも聞くし、
父に対する態度とは雲泥の差。
兄が来ると、真っ先に足の間に入って、
甘えます。
d0087091_22122844.jpg
「ねえねえお兄ちゃーん」前脚が微妙な場所に(笑)
d0087091_2213586.jpg

兄もそんなチェリーにこたえるように
体をマッサージしてあげたり、
とにかく相思相愛。
そんな様子を横目で見る父は
ちょっとジェラシー。笑

さて、そんなチェリー兄ですが、
いよいよ「シューカツ」に突入しました。
先日、某紳士服ショップに行き、
リクルートスーツを購入しましたが、
シャツやら靴やらネクタイやら、
揃えなきゃならないものがたくさんです。
それに、驚いたのが、セット販売の手口!
勧められたスーツがちょっと高めかな~と
躊躇していると、すかさず、
「本日、スーツでもコートでも、2着お求めいただくと
2着目は1000円でご奉仕させていただきます」と。
こう言われて、「いいえ、1着でけっこうです」と断る人は
まず、いない。
結局、兄も、ちょっと高めのスーツとセットで、コートを購入。
でも、その利益構造って一体?
かなり不思議です。

それにしても、近頃のシューカツ事情には、
親としてはもちろん、一社会人としても、
いろいろ思うところがあります。
説明会をネットで予約するとか、
エントリーシートを大量に提出するとか、
いささか過剰な作業を、学生に強いているような気も。
もちろん、親としては、静かに見守るしかないわけですが、
いつから、就職活動が「シューカツ」と呼ばれるようになったのか?
久しぶりに親心が落ち着かない、今日この頃です。
[PR]
by cherrrrrrry | 2010-10-18 22:18