ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

嵐のよるに。

いやー、昨日の台風はすごかった。
台風直撃とはこういうことですか、と
あらためて実感した。
猛烈な勢いで、風がびゅんびゅん言いながら
雨がベランダのシャッターに叩きつけられ、
とてもじゃないが安眠できない。
そんな、起きてるような寝ているような
もうろうとした意識の中で
ふだんは考えもしないようなことが
頭をよぎる。

まず思い浮かんだのが、
3匹の子豚のお話。

わらの家や、木の家が吹き飛ばされて
レンガの家はびくともしなかった、という
有名なアレです。
なんで、この話が思い浮かんだのかは
よくわからないが、
おそらく、竜巻のような突風に
家ごと飛ばされるのではないかという
不安がよぎったからではないかと推察する。

そして、次に思ったのが、
超高層マンションに住む人たちのこと。
いま、都会では、そこかしこに
超高層タワー型マンションが建っているが、
自分が寝ている3階(我が家の最上階?)の、この部屋が
こんなにゆさゆさしているのだから、
超高層の部屋はどんなことになっているのか、
ということがなぜか急に心配になった
ということか?

ともあれ、そんな妄想とも想像とも
つかない思案を暗闇の中でしているうちに
眠ってしまった。

ちなみに、我が家の愛娘は、
家内のタオルケットの中で
おとなしく寝息を立てていたとさ。
あんなに雷鳴を怖がる奴が、
ゲンキンなものですね。

d0087091_21444235.jpg
*昨日は豪雨の寸隙を縫って散歩に行ったチェリー。路面が雨に濡れているおかげで、
おのずと足の裏の汚れが落ちたみたい。
どーです!このきれいなピンクの肉球!
[PR]
by cherrrrrrry | 2007-09-07 21:53