ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

なんちゃって家具職人。

突然ですが、
チェストを作りました。
正直、死ぬかと思いました(笑)。

懸案だった、チェリー兄のチェストの買い替え。
赤ちゃんの頃から使っていたチェストは、
チェリーが取っ手を全部かじってボロボロ状態でした。
大学生になったことだし、
大人っぽいものに替えようと、
先日、おなじみ、北欧系の「i」に行って、
買ってきました。
ご存知のとおり、「i」のものは、基本、DO-IT-YOURSELF。
要するに、安くするから、自分で組み立ててね、という商品です。
ここんちのは、以前にも、娘のライティングデスクとか、
ビジネスチェアとか買っていたので、
組み立てるとは知っていても、
なんとかなるだろうと楽観していました。
ところが、です!
パーツのパッケージを開けてみると、
ボードやら、引き出しのレールやら、
チェスとのパーツが、本当に、バラバラになって
入っているんですよ!
とくに、驚いたのが、ネジ、ビス、釘の類。
ひとつの袋の中に、まるで、小さな昆虫のように、
うじゃうじゃと入っているではありませんか。
一瞬、めまいがしましたが、気を取り直して、
マニュアルをめくると、
工程が30近くもあり、説明文もなくイラストのみ。
これはもはや、北欧系ライフスタイルから日本人への
挑戦状です。

結局、2日がかり、のべ6時間ほどかけて
完成したチェスト。
にわか家具職人としては、時給1000円×6時間=6000円の
仕事をしたことになります。
今更ながら、モノの値段の実質というものを
垣間見たような気分のチェスト製作でした。

最後に、今回の教訓を、ふたつ。
「人間 やれば できる」と、「北欧系iよ、君んちでは もう買わない(笑)」
以上です。

d0087091_1042152.jpg
*まず、骨組みを組みたてて、その後、ひとつひとつの引き出しをこさえます。ちなみに、引き出しの数は6つ。もちろん、全部、レールがつきます。
d0087091_1044922.jpg
*GW初日に肉体労働。ずっと中腰で作業していたので、完成後、行きつけの鍼灸院で、
マッサージをしてもらいました。
d0087091_105453.jpg
*父手作りのチェスト、ついに完成!

d0087091_1054367.jpg
*千葉での合宿を終え、お疲れのチェリー兄は、チェストが完成した頃に起床。その、兄の股のあいだのビミョーな場所に身体をあずけるチェリー。実は、お気に入りの場所です(笑)。
[PR]
by cherrrrrrry | 2008-05-04 10:23