ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

真夏の昼の夢。

ポーニョ♪ポニョポニョ♪
一昨日あたりからの大パブリシティの影響で、
ポニョの歌が耳から離れません!(笑)
4年ぶりのジブリアニメ、「崖の上のポニョ」。
あー、早く見たいなー。
人間の男の子に恋をして、クラゲに乗って
人間界にやってくる、魚の女の子、ポニョ。
なぜか、キャラがチェリーにかぶるんです。
目が離れている顔の造作といい、
いたずらちゃんな表情といい、
ひと目見たときから、脳裏を離れない。
それって、親の欲目?
でも、いいや。ポニョちゃん=チェリーちゃんで、
この夏は決まり!(笑)

そんなわけで、ついに梅雨が明けました。
我が家のポニョちゃん、完全にイッちゃってます。
d0087091_21484319.jpg

d0087091_2149422.jpg
ポニョちゃんの魚拓ならぬ、チェリー「犬拓」状態。

暑さで死ぬといえば、、夏が来るたびに、我が家で語り継がれる
エピソードがあります。
以前、高松に住んでいた頃の話。
瀬戸内海のある島に、おしゃれな家を持ってらっしゃる人がいて、
ある夏、招待されたんです。
小さな島ですから、その家の前はもうプライベートビーチ状態。
ハダカで泳いでいても平気なぐらいなんです。
そのビーチで昼間へとへとになるまで遊んだ、その夜のこと。
なぜか、私だけがひとり、クーラーのない部屋に寝かされることに。
最初は、「ま、島だから、なんとなく涼しい風が入ってくるんだろう」と
タカをくくっていたのですが、
恐怖はその夜中にやってきました。
今まで体験したことのない暑さを感じて、ふと目を覚ますと、
涼しい風どころか、無風状態。
おまけに、昼に日に焼けたおかげで、身体が異常にほてり、
もう、この上ない生き地獄を味わいました。
あの時ほど、朝を待ち焦がれたことはありません(笑)。
ことしも、そんな「ひと夏の経験」を思い出した次第です。

さてさて、夕方、涼しくなる頃を見計らって、
散歩に出てみたのだが。
アスファルトの熱は、すごいものがありますね。
さすがのチェリーも、肉球焼けちゃうよー!とかなんとか
文句を言いながら、のども渇くみたいで、
舌をヘロヘロ出しながら、ウォーキングー!(byエドはるみ)
d0087091_2244876.jpg
「父ちゃん、水、水!」
ちなみに、今日のコースは、昔、一世を風靡したドラマ「金妻」で
ちょっと有名になった、バス通り。
d0087091_2272712.jpg
「金妻」って古い?

帰りは、ヘトヘトになる寸前だったので、父に抱っこされたチェリーちゃん。
近くの農園に成っていたカラスウリ(青い楕円形の実)とのツーショット。
d0087091_22101072.jpg


これから約2ヶ月。父とムスメの、受難の日々が続きます。
ポニョ♪ポニョ♪
[PR]
by cherrrrrrry | 2008-07-19 22:18