ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北国生まれのDNA。

昨日はデンマークを旅してきました。
と言っても、絵画の話です。
デンマークの画家、「ヴィルヘルム・ハンマースホイ展」を観に、
上野の国立西洋美術館へ。
d0087091_10525897.jpg

日本では、まだまだなじみの少ない画家ですが、
デンマークでは、けっこう有名な方らしいです。
作風は、あのフェルメールに近いカンジですが、
グルーミー&メランコリーな、グレイが基調のモノトーンの絵画たち。
北国生まれのチェリーパパは、すっかり気に入りました。
人物も描かれているのですが、どこか生気を失ったような、
見ようによっては死んでいるような印象。
だけど、不思議に、心が静かになっていくのです。
北国特有の、はかない光。北風から生まれる霧や靄。
そんな、デンマークの空気感が封じ込まれたハンマースホイの絵に
出会えてよかったと思った休日でした。
ちなみに、チェリーママの従兄弟がデンマーク人と結婚して
あちらに住んでいるのですが、10年以内には
ぜったい行きたいねと話ながら、帰路につきました。

そして、もうひとつの旅は、ガラリと変わって、北アメリカ。
ショーン・ペン監督の映画「INTO THE WILD」を観ました。
d0087091_119279.jpg

公開したときからずっと観たいと思っていたのですが、
なかなか時間がとれす、やっと、公開終了間際に観れました。
この映画は、そのタイトルどおり、エリートの道を約束された
青年が、家族もお金もすべてを捨てて、アメリカの北、アラスカを
目指すというロードムーヴィー。
とにかく印象的なのは、北アメリカの素晴らしい風景です。
あらためて、「アメリカってでっけー!」と感服しました。
監督のショーンペンは、映画を通じて、彼なりの文明批評も
しているのですが、それがクサくならないのは、
北アメリカの雄大な自然の映像と、語り口のうまさなんでしょうね。
ここでも、北海道生まれの自分は、故郷の風景を重ね合わせ、
静かな感動に包まれたのでした。

デンマークの絵画と、北アメリカの風景。
北国生まれのDNAをあらためて実感した、
2008年の晩秋なのでした。

この方のDNAは、北?それとも南?
d0087091_11174792.jpg

「ん?おてんばのDNAですが、なにか?」
d0087091_11185315.jpg

ちなみに、姫が”破壊”しているのは、自分のベッド。
もうこれで、3個目なんですけど(笑)。

すっかり、寒くなりましたが、皆さん、風邪などひいていないでしょうか?
チェリーパパは、うっかり風邪をひいてしまい、
いま、のどが痛いです。今日は、おとなしく過ごすことにします。
[PR]
by cherrrrrrry | 2008-11-02 11:23