ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ケーキと干し柿。

d0087091_9552750.jpg

チェリーのこの顔、見てください。
歯をむいて、怒ってます。
声はお届けできませんが、
グルグル唸ってます。
夕方の散歩に連れていこうとしたら、
「お昼寝をじゃましないでよ、パパ!」
とくに寒くなると、ぬくぬくから離れようとしないムスメ。
d0087091_9561474.jpg

相当な、横着者です。

なんとか、だましだまし洋服を着せ、出かけました。
この日は、なぜか、甘いものが食べたくなり、
近所のケーキ屋さんに。
「ル・クレアンス」というお店ですが、
ここんちのモンブランが、昔から好きなんです。
でも、今日は、クレーム・ド・ブリュレにしました。
当然、チェリーは中に入れないので、ウインドウ越しにガン見 笑。
「いろんなケーキがありますねー。みんな食べたいですねー」
d0087091_9572867.jpg

d0087091_958054.jpg

「チェリー、大人しくしてるから、いちごのショート買ってね」
と、こーゆーときは、おりこうさんです。

甘いものと言えば、ただいま、チェリーママは、
干し柿づくりに挑戦中です!
d0087091_1051736.jpg

ご近所から、あまくておいしい柿をたくさんいただいので、
「そうだ 干し柿、つくろう」(by JR東海)と思いついたそうです。
でも、ただつるして干しておけばできるものでは
ないそうですよ。太陽にあててはいけないとか、
日陰の風通しのいい場所につるすとか、
途中で、塩水でもむとか、なにかと手順があるようです。
今みたいに、おいしいお菓子がなかった頃、
日本人は、手間暇かけてスイーツを手作りして、
お正月に食べるのを楽しみにしていたんだなー。

冬の初め、柿の実色の夕焼けに、しみじみ そんなことを
思ったのでした。
[PR]
by cherrrrrrry | 2008-11-30 10:24