ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

50歳最後の晩餐。

ついにと言うか、とうとうと言うか、
今日が50歳最後の日です。
あ、あくまでも50歳ですよ、50代じゃないですよ!笑

午前中は、ネットで見つけたファイナンシャルプランナーに
いま加入している保険の診断をしていただきました。
その方によると、一般的に、社名に漢字がつく生保は、
割高とのこと。同じ保険料を払うなら、ひらがなやカタカナの
会社のほうが、断然おトクという話を聞き、
いろいろ勉強になりました。
いやー、老いの準備もタイヘンですなー。

そんなこんなで、夜は、チェリーママがご馳走してくれる
というので、去年と同じイタリアンレストラン「レロエ・オヴェスト」へ。
まずは、前菜。ここんちのは、季節の美味が一口サイズで楽しめます。
d0087091_21483149.jpg
右から、牛肉のバルサミコソース、カンパチのカルパッチョ、オニオングラタンスープ、丸ナス&モツアレラのソテー、そして夏牡蠣のグリル。
パンもいろんな種類をサーヴしてくれて、どれも素晴らしい。パン職人・チェリーママがライバル心を燃やしてました(笑)。
d0087091_2152335.jpg

パスタにチョイスしたのは、ホタルイカと三つ葉のソース。よく冷えたワインが進みますなー。
d0087091_21535282.jpg

と、ここで、チェリー姉からサプライズのバースデープレゼントが!
ミニブーケと、あのパリの名店「ラデュレ」のトリュフチョコです。しかも、パッケージをご覧ください!
「あ、あなたはパリのチェリーちゃん?」
d0087091_21564815.jpg

泣けるじゃありませんか。これはもう、チェリーパパ、一生の宝物ですよ。
感涙にむせんでいると、いよいよメインの肉料理が運ばれてきました。
d0087091_2201217.jpg
みつせ鶏という、佐賀の品種。これは、フランスの鶏ちゃんと日本の鶏ちゃんのハーフだって。ジャガイモのソースがまたうまいの!

いやー、今日は、お腹も心も、すっかり満腹&満足。
ありがとう、みんな。と、心の中で手を合わせていたチェリーパパです。
すると、お店のスタッフやらシェフたちがわらわらと、
こちらに集まってくるではありませんか。
なんと、ここで最後のサプライズが!
ハッピーバースデーの合唱とともに運ばれてきたのは、
バースデーデザートです。
d0087091_226387.jpg

イタリア語で、ハッピーバースデーと描いてあり、
ワインのコルクに、小さなキャンドルが立ててある。
うれしいね。申し訳ないね。
他のテーブルのお客さんにも、拍手をいただいて、汗、汗、汗。

マジで、ほんとうにありがたいです。
チェリーママ、チェリー姉、チェリー兄、そして、わがムスメ チェリーに、
心からの感謝をこめて、
50歳最後の晩餐を締めくくった次第です。
d0087091_22142226.jpg
「どういたしまして byチェリー」
[PR]
by cherrrrrrry | 2009-06-14 22:23