ボストンテリアの女の子、チェリーと家族の、小さな日々の記録です。


by cherrrrrrry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ある秋の一日。

昨日は、家内の祖母のお墓参りのあと、
息子の学校の学園祭に行ってきました。

息子は校庭のテントの中で
フランクフルトを焼いたり、
はたまた鉄板を運んだり、
せっせと働いていました。
会計係をおおせつかったそうで、
事前の準備もいろいろたいへんだったと
聞きます。
学園祭が終わったあと、
クラスのみんなに胴上げされたと
いう話を聞き、親ばかながら、
ちょっと、じーんとしました。
思い出深い、高校生活最後の学園祭に
なったことでしょう。

実は、息子の学園祭で毎年ひそかに楽しみに
しているのが、吹奏楽部の演奏です。
ドラムも入っているので、
スイングジャズ風の雰囲気も醸し出し、
思わず、映画の「スイングガールズ」が
フラッシュバックしました。
4曲ほどのコンパクトな内容でしたが、
中でも、「マン~セブン~タロウ~帰ってきた」と続く
「ウルトラシリーズ」のメドレーに
少年の日々をほろりと思い出した(笑)チェリーパパでした。

帰りに、自由が丘で途中下車し、
ラーメンを食べ、MUJIで買い物し、
また電車に乗り、家路につきましたが、
空が暗くなり始めたので、
いつもよりもちょっと早く、家内と
チェリーの散歩へ。
涼しくなったせいか、スタスタと歩く娘に、
本当の秋の始まりを実感した一日でした。

d0087091_9364841.jpg
*娘の部屋を冒険中に、先週、IKEAで買ったファーをさっそく見つけたチェリー。ほっとくはずがありません。ふわふわを独り占めです。ちなみに、このファー、フェイクじゃありませんよ。れっきとした羊毛。
d0087091_9392536.jpg
*「これはチェリーのもの!誰にも渡さないもんね~」
d0087091_9434614.jpg

[PR]
by cherrrrrrry | 2007-09-24 09:47
秋めいてきたかなと思ったのも
つかの間。
なんですかっ、今日の暑さは!

チェリーはふたたび、クーラー漬けです(笑)。

今朝は、なぜか早く目が覚めてしまった
チェリー・パパ。
実は、昨日、ちょっとうれしいことがあり、
その興奮状態と暑さのせいで、
眠りが浅かったのです。

7時前には散歩に出かけ、
家に帰って、例によって、家族の朝ごはんを
用意しましたよ。
d0087091_16365254.jpg
*今朝のオムレツはけっこううまくできました。中身はタマネギとエリンギのみじんぎりを炒めたもの。ちょっとおフランスな味でした。

そういえば、昨日は、近所の小学校で
運動会が開かれていました。
ついこの間、夏休みが終わったかと
思ったら、もう、秋の運動会。
小学生も忙しいですね。

運動会と言えば、
チェリーも、来週開催予定の「わんわん運動会」に
出場すべく、
目下、綱引きの練習に励んでおります。(ウソ)

d0087091_16392812.jpg

d0087091_16424236.jpg

d0087091_16404740.jpg
*綱を咥えたら離さない、真剣な目のムスメ。うなりながらの大奮闘です。
[PR]
by cherrrrrrry | 2007-09-16 16:48

こうまちゃんのこと。

ちょっと哀しいお知らせです。

近所のこうまちゃんが天国に行きました。

こうまちゃんは、10歳のヨークシャ(男の子)。

亡くなる数日前に、やはり近所のコンビニで
お母さんの買い物を待っていたね。

まだ暑い夜だった。

「こうまちゃん、お使いに来たの?」と声を
かけたのが、最後でした。

いつも、チェリーのことをものすごく
かわいがってくださる、こうまちゃんのお母さん。

その心中を察すると、
いたたまれない気持ちになります。

いつかはやってくる別れのとき。

「非情の風は、時を選ばず」
亡くなった家内の祖母が、
よく口にしていた言葉です。

こうまちゃん、いつかまた、会おうね。

d0087091_16594689.jpg
*「こうまちゃん、仲良くしてくれて、ありがとう」(byチェリー)
[PR]
by cherrrrrrry | 2007-09-09 17:02

嵐のよるに。

いやー、昨日の台風はすごかった。
台風直撃とはこういうことですか、と
あらためて実感した。
猛烈な勢いで、風がびゅんびゅん言いながら
雨がベランダのシャッターに叩きつけられ、
とてもじゃないが安眠できない。
そんな、起きてるような寝ているような
もうろうとした意識の中で
ふだんは考えもしないようなことが
頭をよぎる。

まず思い浮かんだのが、
3匹の子豚のお話。

わらの家や、木の家が吹き飛ばされて
レンガの家はびくともしなかった、という
有名なアレです。
なんで、この話が思い浮かんだのかは
よくわからないが、
おそらく、竜巻のような突風に
家ごと飛ばされるのではないかという
不安がよぎったからではないかと推察する。

そして、次に思ったのが、
超高層マンションに住む人たちのこと。
いま、都会では、そこかしこに
超高層タワー型マンションが建っているが、
自分が寝ている3階(我が家の最上階?)の、この部屋が
こんなにゆさゆさしているのだから、
超高層の部屋はどんなことになっているのか、
ということがなぜか急に心配になった
ということか?

ともあれ、そんな妄想とも想像とも
つかない思案を暗闇の中でしているうちに
眠ってしまった。

ちなみに、我が家の愛娘は、
家内のタオルケットの中で
おとなしく寝息を立てていたとさ。
あんなに雷鳴を怖がる奴が、
ゲンキンなものですね。

d0087091_21444235.jpg
*昨日は豪雨の寸隙を縫って散歩に行ったチェリー。路面が雨に濡れているおかげで、
おのずと足の裏の汚れが落ちたみたい。
どーです!このきれいなピンクの肉球!
[PR]
by cherrrrrrry | 2007-09-07 21:53